こだわり

お茶を「食べる」という発想

1840年頃、茶問屋として発祥した辰巳屋。
    お茶を「飲む」から「食べる」へ、大改革し、大正2年に料理屋として新たなスタートを切りました。
    お茶を見続けてきた職人だからこそできる、
    抹茶の風味と旬の味覚を活かした抹茶料理を、ぜひご堪能下さい。

  • 辰巳屋のこだわり
  • 辰巳屋のこだわり
  • 辰巳屋のこだわり
辰巳屋若主人 左聡一郎

若主人のこだわり

辰巳屋若主人 左聡一郎鎌倉時代、高山寺の明恵上人のすすめでお茶の栽培がはじまり、
室町時代、宇治にはじめての茶園が開かれ、江戸時代初期に「宇治茶」が登場。
それ以来、抹茶・玉露・煎茶、様々なお茶の生産が盛んな「茶処 宇治」。

京都御所からの方角を由来として屋号を掲げた「辰巳屋」。
この地で 1840年頃、茶問屋として始まり、料理を始めた頃は小さな茶店でございました。
約80年前に宇治ならではの「抹茶料理」を始め、地元の方や観光客の皆様に支えられ、
私どもは歴史を重ねてまいりました。


                                 

                                  2006年、神戸・金沢で約7年の修業を終えこの宇治に帰ってまいりました。
                                  今年で11年目に入り、猪突猛進で、何事にも全力で取り組んできました。
                                  いろいろな事を経験し、いろいろな方々にお世話になりました。
                                  料理人としてのこだわり、経営者としての信念。
                                  自分の中で絶えず迷いが生じ、毎日悩みに悩んでいる日常。
                                  しかし、自分の周りには家族・従業員・先輩後輩そして、お客様と数多くの人々がいてくれます。
                                  これからも、「全ては自分一人では成しえない」ことを心底におき、精進して参る所存でございます。

                                  「お帰りの際にお客様の笑顔が見れれば。」
                                  それだけを一心に、「伝統」と「革新」を志し。                                

                                  ご来店いただいたお客様の「心」に残る料理、そして「おもてなし」。
                                  宇治ならではの、辰巳屋ならではの「カタチ」を日々追及しております。
                                                          

                                                               平成28年1月吉日    8代目若主人 左 聡一郎




こだわりの詳細はこちらから
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓                                  

詳しく見る

若女将のこだわり

女将京都・宇治 「辰巳屋」に若女将として嫁ぎ、九年。
生まれは石川県金沢市。
三姉妹の三番目に産まれ、大変賑やかな家族の中育って参りました。
 
右も左も分からぬまま入った料理の世界。

着物ひとつまともに着る事が出来なかった私にとって、全てが「一」からの勉強でございました。
学校を卒業してすぐに嫁いだ私は、社会の厳しさ、故郷を離れる事の寂しさ、親になることの大変さをいっぺんに味わい、宇治川の流れの如く涙したこともありました。

数年の月日が経ち、今こうして元気に日々を過ごせているのは、
お客様をはじめ、毎日辰巳屋を支えてくれている従業員のみなさん、そして地域の皆様のおかげだと思っております。

                         あれほど故郷が恋しかった私も遠方から帰り宇治橋を渡ると、いつしか「ホッ」と安心するようになりました。
                         お店にお越しくださったお客様方にも、日常とは違う、けれども「ホッ」とするような、そんな空間づくりのために
                         精一杯の心づくしで仲居・板場とともに元気いっぱい務めさせていただきます。



                         宇治川の流れ、草木に映る季節の移ろい、毎日様々な表情を見せてくれる塔の島周辺。
                         この美しい土地で生きていける喜びと、多くのお客様に出会える事の幸せをかみしめ、
                         初心を忘れずにこれからも頑張っていこうと思う所存でございます。

                                                                                    
                                         
                                                                  平成26年1月吉日  若女将 左 みゆき
 






















詳しく見る

ページ先頭へ

京・宇治 抹茶料理 辰巳屋
京都府宇治市宇治塔の川3-7
TEL:0774-21-3131
FAX:0774-20-0333

→アクセスマップ